住友ゴム、デジタルツールを用いたタイヤ管理ソリューションを展開 IoT開発企業2社と提携

サービスのイメージ
  • サービスのイメージ

住友ゴム工業は5月16日、IoT開発企業のトライポッドワークスおよびSYSGRATION LTD.と基本業務提携契約を締結、デジタルツールを用いたタイヤ管理ソリューションを展開していくと発表した。

今回の基本業務提携は住友ゴムの掲げるタイヤ技術コンセプト「SMART TYRE CONCEPT」に、デジタルツールを用いて得られるさまざまなデータを利用した新たなソリューションサービスの領域を追加し、拡張していく一環となるものだ。

近年、MaaSの発展により、カーシェアリング、ライドシェアなど、車の所有から使用への転換が進んでいる。また、自動運転などの技術進展により、近い将来にドライバーレスが想定されている中、タイヤ管理の自動化や予知保全サービスの提供などが重要となってくると考えられる。

住友ゴムは今後、直接式TPMSなどのデジタルツールを使って得られる、タイヤ空気圧・温度データを活用したタイヤ空気圧管理ソリューションサービスを展開。その後、デジタルツールの機能追加、外部サービスとの連携を実施することで、タイヤ管理ソリューションモデルを段階的に拡張していく計画だ。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集