カルソニックカンセイとマニエッティ・マレリ、新ブランド「マレリ」で出展へ…人とくるまのテクノロジー2019

展示ブースイメージ
  • 展示ブースイメージ
  • キャビンイノベーション
  • エネルギーマネジメント

経営統合したカルソニックカンセイとマニエッティ・マレリは、5月22~24日にパシフィコ横浜で開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2019横浜」に、新ブランド「マレリ(MARELLI)」のもと出展する。

今回のブースでは、キャビンイノベーションとエネルギーマネジメントの2つの領域を軸とした構成の中で、経営統合した両社が提案するソリューションを紹介する。

キャビンイノベーション領域では、個々の移動における経験価値を最大化するコンセプトモデル「Human-Max Cabin」をはじめとした、キャビンシステム総合インテグレーターとしてのソリューションを出展。両社が有する内装/電子/空調の統合により、最高に居心地の良い空間を実現している。

エネルギーマネジメント領域では、両社が考えるエネルギーマネジメントの概念と、4つの具体的なソリューションについて、映像と最新の製品展示にて紹介する。両社は長年培ってきた熱交換技術を軸にした空調、熱交換器、排気、熱に関する幅広い技術/製品領域と、世界一のインバータ生産実績をベースにしたパワーエレクトロニクスの技術を用いて、総合的なエネルギーマネジメントを目指している。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集