ブリヂストン、営業益2割減…原材料価格上昇や化工品事業の再構築で 2019年1-3月期決算

ブリヂストン
  • ブリヂストン
  • ホンダN-VANに装着されるブリヂストン・エコピア
  • 日産デイズに装着されるブリヂストン・エコピア
  • 三菱eKに装着されるブリヂストン・エコピア

ブリヂストンが発表した2019年1~3月期(第1四半期)の連結決算を発表。原材料価格の上昇や化工品事業の再構築費用などにより、営業利益は22.8減の771億円となった。

売上高は同1.3%減の8482億円。トラック・バス用ラジアルタイヤは同1%増と順調だったが、乗用車・小型トラック用タイヤが同3%減と伸び悩んだ。

営業利益は、石油系原材料価格の上昇や、化工品事業の再構築費用などにより、同22.8減の771億円と減益。経常利益は同4%減の634億円だった。四半期利益は同7%増の634億円だった。

通期業績見通しは、売上高3兆6900億円(前期比1.1%増)、営業利益4100億円(同1.8%増)、経常利益4000億円(同5.0%増)、純利益3000億円(同2.9%増)とした前回予想を据え置いた。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集