1910年製のロールスロイスも走る…富士山オールドカーフェスタ2019

富士山オールドカーフェスタ2019
  • 富士山オールドカーフェスタ2019
  • 富士山オールドカーフェスタ2019
  • 富士山オールドカーフェスタ2019
  • 富士山オールドカーフェスタ2019
  • 富士山オールドカーフェスタ2019
  • 富士山オールドカーフェスタ2019
  • 富士山オールドカーフェスタ2019
  • 富士山オールドカーフェスタ2019

静岡県富士市の富士市中央公園多目的広場で5月12日、「富士山オールドカーフェスタ」が開かれ、1980年以前に製造された国内外のクラシックカー約100台が集まった。主催は富士山オールドカーフェスタ実行委員会。

地元の「静岡クラシックカークラブ」と東京都国立市に拠点を持つ「オートモビル・クラブ・ジャパン」の協力で始まったイベントで、今年で10回目の開催となった。中央公園では今回も「富士ばらまつり」と同時開催で、多くの来場者でにぎわった。

軽自動車からスーパーカーまであらゆるジャンルの車が展示されるイベントだが、今回も希少なヒストリックカーが数多くあった。初代『スカイライン』のバンとして販売されていたスプリンス『スカイウエイ』(1963年)や、サーブの乗用車『96』をベースにFRPボディを被(かぶ)せたスポーツカー『97ソネットV4』(1968年)、ベルトーネがデザインを手がけたランボルギーニ『ジャルパ』(1986年)、かつて日本に存在したオートバイメーカー東昌自動車工業の50ccスクーター『パンドラ号』(1959年)など盛りだくさん。極め付きは、空冷・チェーンドライブのいわゆる「自動車もどき」と言われるサイクルカー、イギリスのGN(ナッシュらしい)。こちらは1922年製と、”ウルトラビンテージ”であった。

また今年も小学生以上を対象とした、クラシックカー同乗による試乗会が行われた。実行委員会の鳥居基廣代表の愛車であるシトロエン『11CVレジェール』(1950年)やBMW『2000CS』(1969年)、カジバ『モーク』(1994年)、それにロールスロイス『シルバーゴースト』(1910年)も、今年も自走してやってきたことに驚愕。こちらは更なるビンテージカーである。子供だけではなく、老若男女の注目を浴びて大人気の試乗会となった。

《嶽宮 三郎》

編集部おすすめのニュース

  • 名橋日本橋架橋108年を記念してクラシックカーイベント開催…ジャパン・クラシック・オートモービル2019 画像 名橋日本橋架橋108年を記念してクラシックカーイベント開催…ジャパン・クラシック・オートモービル2019
  • T型フォードからスバル360まで展示…クラシックカー・スポーツカーin科学館 画像 T型フォードからスバル360まで展示…クラシックカー・スポーツカーin科学館
  • コンテッサやフェローバギーなど希少車が集結…昭和・平成のクラシックカーフェスティバルinキャッセ羽生 画像 コンテッサやフェローバギーなど希少車が集結…昭和・平成のクラシックカーフェスティバルinキャッセ羽生
  • 昭和・平成の名車125台が集まる…佐野ニューイヤークラシックカーミーティング 画像 昭和・平成の名車125台が集まる…佐野ニューイヤークラシックカーミーティング

特集