ことでんのレトロ電車が2021年のGWを機に姿を消す…大正・昭和生まれの4両

仏生山検車区に勢揃いした、ことでんに残るレトロ電車。左から300号、120号、23号、500号。
  • 仏生山検車区に勢揃いした、ことでんに残るレトロ電車。左から300号、120号、23号、500号。

香川県の高松琴平電気鉄道(ことでん)は5月9日、大正・昭和生まれのいわゆる「レトロ電車」を2021年のゴールデンウィーク後までに順次廃車すると発表した。

現在、ことでんのレトロ電車は、1925年製の23号、1928年製の500号、1926年製の120号と300号が在籍しており、昭和生まれの500号を除いてすべて大正生まれ。1963年に近畿日本鉄道から譲渡された23号を除いて、ことでんのオリジナル車となっている。

これらは、2020年のゴールデンウィーク後から23号を皮切りに順次廃車される予定で、500号は2020年のシルバーウィーク、120号と300号は2021年のゴールデンウィークが最後の姿となり、それぞれのさよならイベントが実施される。

なお、廃車後は申し出があれば譲渡を検討するとしているが、静態保存先が確保できない場合は解体されるという。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集