国際470級ヨット新モデル「YAMAHA 470 CPH」、5月30日より受注開始

ヤマハ発動機は、470級ヨットのニューモデル「YAMAHA 470 CPH」を開発し、5月30日より受注を開始する。

470級は1963年にフランスで誕生した、全長4.7メートルの2人乗りレース用小型ヨット。国際的な大会が盛んに行われており、現在は「セーリングワールドカップ」の種目にもなっている。乗員の適正体重は2人合計130kg前後で、小柄な日本人に適している。このため、大学選手権、実業団選手権、国民体育大会などにおけるヨット競技の正式種目としても採用されている。

YAMAHA 470 CPHの開発に当たっては、国際470級協会が定めた設計・建造規格の中で、剛性と慣性モーメントのバランスを最適化し、耐久性と操縦性を高度に両立させ、オールラウンドな風域での性能向上を目指した。

なお、470級ヨットの建造には国際470協会の審査によるライセンスが必要。現在、国内ではヤマハ発動機を含む2社がライセンスを所有し、生産している。YAMAHA 470 CPHの受注・販売については、同社が業務委託するオクムラボート販売が行う。

価格は270万円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース