【スーパー耐久 第2戦】昨年王者の1号車GTNET GT-Rが今季初優勝…グループ1決勝

2019スーパー耐久第2戦グループ1決勝
  • 2019スーパー耐久第2戦グループ1決勝
  • 2019スーパー耐久第2戦グループ1決勝
  • 2019スーパー耐久第2戦グループ1決勝
  • 2019スーパー耐久第2戦グループ1決勝
  • 2019スーパー耐久第2戦グループ1決勝
  • 2019スーパー耐久第2戦グループ1決勝
  • 2019スーパー耐久第2戦グループ1決勝
  • 2019スーパー耐久第2戦グループ1決勝

2019年のピレリ スーパー耐久シリーズ第2戦「SUGO SUPER TAIKYU 3Hours Race」のグループ1決勝レースが28日に行われ、最高峰のST-Xクラスでは、No. 1 GTNET GT3 GT-R(浜野彰彦/星野一樹/藤波清斗)が今季初勝利を飾った。

スポーツランドSUGOでの3時間レースでは、2グループに分けて決勝レースを開催される。このうち、ST-X、ST-Z、ST-TCR、ST-1、ST-2、ST-3クラスで構成されるグループ1の決勝が日曜日に開催された。

2戦連続でポールポジションを獲得した1号車がスタートでもトップを死守するが、序盤からペースが良かったNo.83 X WORKS R8が開始10分のところでオーバーテイク。トップに浮上した。

レースが序盤から荒れ模様となり、アクシデント等でストップした車両を回収するためにコース全域で速度制限がかかる、フルコースイエローが何度も導入される展開となった。1号車はこのタイミングでピットインを繰り返し、給油作業を敢行する戦略に出た。

さらに開始から1時間30分を過ぎたところで発生したアクシデントによりセーフティカーが導入された際、ちょうどタイムロスが少なく済むタイミングで1号車は最後のピット作業を済ませることに成功。全く偶然のタイミングではあったが、これがきっかけとなり、最終的に逆転でトップに浮上。107周を走りきり、今季初優勝。先を見越した巧みなレース戦略が勝因となった。

2位にはNo. 244 LEXUS RC-F GT3、3位にはNo. 777 D’station Vantage GT3が入った。

ST-ZクラスNo. 3 ENDLESS AMG GT4が開幕2連勝をマーク。ST-TCRクラスでは今回もアウディ勢が速さをみせ、No. 19 BRP★Audi Mie RS3 LMSが初優勝を飾った。

その他、ST-1クラスはNo. 47 D’station Porsche、ST-2クラスはNo. 6 新菱オート☆DIXCEL エボX、ST-3クラスはNo. 38 ADVICS muta racing RC350 TWSが、それぞれクラス優勝を飾った。

《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集