ANAハワイ路線に新導入のエアバス A380 型機、ミシュランラジアルタイヤを採用

ANA A380 FLYING HONU
  • ANA A380 FLYING HONU
  • ANA A380 FLYING HONU

日本ミシュランタイヤは、全日空(ANA)が2019年5月24日からハワイ路線に導入するエアバスA380型機に、同社航空機用ラジアルタイヤの採用が決定したと発表した。

今回A380に装着されるタイヤは、ニアゼログロース(NZG)テクノロジーを採用した航空機用ラジアルタイヤ「ミシュラン エアX」。NZGテクノロジーとは、タイヤ寸法の増大を限りなくゼロに近づけるミシュラン独自の技術だ。航空機用タイヤは乗用車用などに比べて高内圧で使用されるため、窒素ガス充填後および離着陸時の高速走行で寸法が増大。NZGテクノロジーでは、これを抑えることで、タイヤの耐久性を高め、異物による損傷を受けにくくする。

ミシュラン エアXには一般的なラジアルタイヤとNZGテクノロジーを採用したラジアルタイヤがあり、ともに長寿命によりタイヤ交換回数低減、タイヤ重量低減により燃費向上と環境負荷低減を実現する。NZGテクノロジーを採用した同製品は、一般的なラジアルタイヤを上回る軽量化により航空機の燃費を改善。さらに、タイヤ交換回数が減ることで運行コストや時間も低減する。

エアバスA380型機は、総2階建て座席数520席の世界最大の旅客機で、日本の航空会社が受領したのは初めて。5月24日から成田-ホノルル路線に投入される「空飛ぶウミガメ」の意味を持つANA A380「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」は、ハワイの海と空、夕日をイメージした特別塗装が施されている。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集