ヤンマーの農耕トラクタ、ロアガードが落下するおそれ リコール

ヤンマーYT357AJ
  • ヤンマーYT357AJ
  • ヤンマーYT357AJ
  • 改善箇所

ヤンマーアグリは4月12日、農耕トラクタ「YT330」など6機種について、ロアガードが落下するおそれがあるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、「YT330」「YT333」「YT338」「YT345」「YT352」「YT357」の6機種で2016年1月14日から2019年2月27日に製造された7778台。

ロアガードの取付構造が不適切なため、前輪に上下方向の荷重が繰り返しかかることにより、取付ボルトに緩みが発生する場合がある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、ロアガードが落下するおそれがある。

改善措置として、ロアガードの後側の取付ボルトにゆるみ止め剤が塗布されていない車両はゆるみ止め剤を塗布し、規定トルクで締め直す。また、ロアガードの前側の取付方法がボルトナットの車両は、ナットを対策品に交換する。

不具合は152件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集