メルセデスベンツ、デジタルキーによる建設機材の車内への配達&回収サービス発表

メルセデスベンツのデジタルキーによる建設機材の車内への配達および回収サービス
  • メルセデスベンツのデジタルキーによる建設機材の車内への配達および回収サービス
  • メルセデスベンツのデジタルキーによる建設機材の車内への配達および回収サービス
  • メルセデスベンツのデジタルキーによる建設機材の車内への配達および回収サービス

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)は4月8日、ドイツ・ミュンヘンで開幕した「バウマ2019」(国際建設機械・建設資材製造機械・建設用車両専門見本市)において、デジタルキーを使った建設機材の車内への配達および回収サービスを発表した。

建設機材の調達には、時間がかかるものだ。現場で使うのに必要な機材を選び、車に積み込むためには、1時間以上かかる場合もある。そこで、メルセデスベンツは、バウマ2019において、デジタルソリューションの「イン・バン・デリバリー&リターン(IDR)」を発表した。IDRのおかげで、機材の積み込みと積み下ろしに要する時間やコストを削減する。

IDRは、クラウドベースのシステムソリューションだ。機材を配達する業者は、ユーザーの車両への安全でキーレスなアクセスを可能にする。アプリとGPSナビゲーションにより、配達先の車両をスピーディに特定。またユーザーは、誰がいつ自分の車にアクセスできるかを、オンラインでコントロールすることができる。配達状況は自動的にユーザーに通知され、配達に関する情報が受け取れる。機材の使用後は、同様の方法で回収も行ってくれる。

メルセデスベンツによると、IDRはさらに大きな可能性を持っており、例えば、建設機材の保管場所を確保する必要がなくなるなどの効果が見込まれる、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集