BMW X1 のPHVが改良、燃費7割向上…上海モーターショー2019で発表へ

BMW X1 のPHVの改良モデル
  • BMW X1 のPHVの改良モデル
  • BMW X1 のPHVの改良モデル
  • BMW X1 のPHVの改良モデル
  • BMW X1 のPHVの改良モデル
  • BMW X1 のPHVの改良モデル

BMWは4月2日、中国で4月16日に開幕する上海モーターショー2019において、『X1』(BMW X1)のプラグインハイブリッド車(PHV)の改良モデルを初公開すると発表した。

BMWは2016年春、X1のPHV、「X1 xDrive25Le iパフォーマンス」を発表した。X1のロングホイールベース車をベースに、PHVパワートレインを搭載したモデルだ。

上海モーターショー2019では、このX1 xDrive25Le iパフォーマンスが、デビューから3年を経て、初の改良を行う。グレード名から「iパフォーマンス」が外れ、新たに「X1 xDrive25Le」を名乗る。

フロントに積まれるのは、BMW「i」ブランドのPHVスポーツスポーツカー、『i8』用がベースの1.5リットル直列3気筒ガソリンターボエンジンだ。最大出力136hp、最大トルク22.4kgmを発生する。トランスミッションは6速「ステップトロニック」で、エンジンのパワーが前輪を駆動する。

最大出力95hp、最大トルク16.8kgmを引き出すモーターはリアアクスルに配置され、後輪を駆動。エンジン駆動の前輪と合わせて、4WDとなる。エンジンとモーターを合わせたシステム全体で、最大出力231hp、最大トルク39kgmを引き出す。0~100km/h加速は7.4秒の性能を備える。

二次電池は、蓄電容量を増やしたリチウムイオンバッテリーだ。モーター単独でのEVモードの航続は最大110kmと、従来よりも83%増えた。このEVモードの効果もあり、燃費性能は従来比で72%向上させた、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集