ルノー クリオ 新型、受注を欧州で開始…1万4100ユーロから

先代よりもダイナミックなエクステリアに。インテリアはグレードアップ

欧州Bセグ最大級の9.3インチ縦型マルチメディアモニター採用

ルノー日産三菱アライアンスが開発した「CMF-B」プラットフォームを最初に採用するルノー車に

ルノー・クリオ(日本名:ルーテシアに相当) 新型
  • ルノー・クリオ(日本名:ルーテシアに相当) 新型
  • ルノー・クリオ(日本名:ルーテシアに相当) 新型
  • ルノー・クリオ(日本名:ルーテシアに相当) 新型
  • ルノー・クリオ(日本名:ルーテシアに相当) 新型
  • ルノー・クリオ(日本名:ルーテシアに相当) 新型
  • ルノー・クリオ(日本名:ルーテシアに相当) 新型
  • ルノー・クリオ(日本名:ルーテシアに相当) 新型
  • ルノー・クリオ(日本名:ルーテシアに相当) 新型

ルノーは4月2日、新型『クリオ』(Renault Clio。日本名:『ルーテシア』に相当)の受注を欧州で開始した。フランス本国でのベース価格は、1万4100ユーロ(約176万円)と発表されている。

先代よりもダイナミックなエクステリアに。インテリアはグレードアップ

5世代目モデルとなる新型のエクステリアは、先代モデルのエモーショナルなフォルムを継承しながら、よりダイナミックなデザインを目指した。フロントグリルは大型化され、フロントバンパーはエンジン冷却性能に配慮し、大型のインテークを備える。

ボディサイズは、先代比で全長が14mmコンパクトになり、全高はエアロダイナミクスと運動性能を向上させるために、30mm低くした。Cシェイプが特徴のヘッドライトやテールランプには、最新のLEDテクノロジーが組み込まれる。ヘッドライトは、全車LEDが標準だ。

新型には、新色のバレンシアオレンジとセラドンブルーを含めて、全10色のボディカラーをラインナップする。エクステリアのカスタマイズパックとして、赤、オレンジ、黒の3タイプを用意した。

ルノー・クリオ(日本名:ルーテシアに相当) 新型新型のインテリアは、質感の向上を目指して素材を見直し、ダッシュボードやドアトリム、センターコンソールなどにはソフトコーティング素材を使用する。パーキングブレーキは電動化され、運転席周辺のスペースが拡大した。ステアリングホイールは、従来モデルよりも小型化したエアバッグによって、コンパクトなデザインになっている。

やや高い位置にあるセンターコンソールには、ショートストロークのシフトレバーがレイアウトされた。トランク容量は391リットルで、内部に26リットルのサブスペースを持つ。ルノーによると、391リットルの容量は、セグメント最大になるという。

カスタマイズパックでは、センターコンソール、ダッシュボード、ドアトリム、ステアリングホイール、アームレストなどに、ユーザーの個性を反映できる。顧客は、8つ以上のインテリアデザインスキームから選択することが可能だ。

欧州Bセグ最大級の9.3インチ縦型マルチメディアモニター採用

新型クリオのインテリアの特徴が、最新のコネクティビティ技術を反映させた「スマートコクピット」の導入だ。ダッシュボード中央には、欧州Bセグメント車でクラス最大級の9.3インチ縦型マルチメディアモニターを採用する。

ルノー・クリオ(日本名:ルーテシアに相当) 新型このマルチメディアモニターは、ドライバーの方向に画面を向けてレイアウトされる。新開発の「EASY LINK」コネクテッドシステムを備えたモニターには、マルチセンシング、ナビゲーション、インフォテインメントのすべての機能を集約する。中央のモニターの下には、ピアノ型のボタンを配置し、操作性に配慮している。

また新型では、ドライバー正面のメーターパネルがデジタル化されたデジタルコクピットを採用する。メーターのTFTスクリーンには、ドライバーにナビゲーションを含めた各種情報を見やすく表示する。ワイヤレスでスマートフォンを充電することもできる。

ルノー日産三菱アライアンスが開発した「CMF-B」プラットフォームを最初に採用するルノー車に

新型は、ルノー日産三菱アライアンスが開発した「CMF-B」プラットフォームを最初に採用するルノー車。また、ルノーグループが新開発したハイブリッド技術、「E-TECH」を搭載する最初のルノー車になる。E-TECHは、ルノーのエンジニアリングによって開発され、特許を取得。ルノー日産三菱アライアンスで、構造部品を共用する。システムは、新世代の1.6リットル直列4気筒ガソリンエンジンに2つの電気モーター、マルチモードギアボックス、蓄電容量1.2kWhのバッテリーを組み合わせる。

ルノー・クリオ(日本名:ルーテシアに相当) 新型ルノーのE-TECHハイブリッドは、クラス最高レベルのレスポンス、優れた燃費、減速時の素早いバッテリー充電などにより、最大限の効率を追求する。発進時は、モーターで始動。ブレーキペダルを操作せず、アクセルペダルだけで加減速できる強力な回生ブレーキを採用する。

ルノーによると、都市部の走行では、その8割をEVモードでゼロエミッション走行が可能。市街地走行では同クラスのガソリン車と比較して、最大4割の燃費向上を可能にしているという。このE-TECHハイブリッド搭載車は、2020年に欧州で発売される予定だ。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • ホンダ フィット 次期型、ついに市販デザインが見えた…発表は年内か 画像 ホンダ フィット 次期型、ついに市販デザインが見えた…発表は年内か
  • VW ポロ、新グレード「TSI R-ライン」追加 1.5 TSI Evoエンジン日本初採用 画像 VW ポロ、新グレード「TSI R-ライン」追加 1.5 TSI Evoエンジン日本初採用
  • プジョー 208 新型、新デザイン言語を導入…ジュネーブモーターショー2018で発表へ 画像 プジョー 208 新型、新デザイン言語を導入…ジュネーブモーターショー2018で発表へ
  • トヨタ ヤリス に「GR SPORT」、ハイブリッドスポーツ提案…欧州2019年型に設定 画像 トヨタ ヤリス に「GR SPORT」、ハイブリッドスポーツ提案…欧州2019年型に設定

特集