平成から令和にかけて『DL大樹』が夜行列車に…「ドリームカー」を連結した3両編成で運行

「ありがとう平成」「こんにちは令和」と書かれた限定ヘッドマークを掲出した『DL大樹』用DE10形のイメージ。
  • 「ありがとう平成」「こんにちは令和」と書かれた限定ヘッドマークを掲出した『DL大樹』用DE10形のイメージ。
  • 平成から令和にかけて運行される『DL大樹』に連結される元JR北海道のオハ14 505「ドリームカー」。写真は急行『はまなす』ラストラン時のもの。
  • 「ドリームカー」の乗客には、車内に掲出している禁煙サインボードのレプリカがプレゼントされる。

東武鉄道(東武)は、平成最後の日となる4月30日に発車する『DL大樹』の特別列車を南栗橋~鬼怒川温泉間で運行する。

「ありがとう平成・こんにちは令和号」と題したこの列車は、平成から令和へ改元されることを記念して運行されるもので、『DL大樹』としては初の夜行列車となる。

14系客車3両編成で運行され、かつて青森~札幌間の夜行急行『はまなす』に使用されていた「ドリームカー」も連結される。

時刻は、南栗橋23時55分発~鬼怒川温泉5時着。160人を募集し、旅行代金は大人1万3800円・子供1万2800円。このうち「ドリームカー」利用は48人限定で、旅行代金は大人1万7800円・子供1万6800円となる。4月4日11時から東武トップツアーズの各支店とWEB販売センターで発売する。

この列車の運行に伴ない、4月30日に運行する『SL大樹』は「ドリームカー」を連結した編成となる。

なお、4月30日と5月1日は下今市駅構内のSL展示館と転車台広場が無料開放。令和元年となる5月1日10~16時には転車台広場で「SLファンフェスタ」が開催され、平成と令和のヘッドマークを掲出したSLやDLの展示、初のSL機関庫内一般公開などが行なわれる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集