【ゴールデンウィーク 渋滞予想】首都高のピークは5月2日、GW前日の4月26日も要注意

首都高速道路は、ゴールデンウィーク期間(4/27~5/6)の渋滞予想を発表。GW前日の4月26日(金)および5月2日(木)は特に渋滞が多くなるとして注意を呼びかけている。

自動車 社会 社会
首都高速道路は、ゴールデンウィーク期間(4/27~5/6)の渋滞予想を発表。GW前日の4月26日(金)および5月2日(木)は特に渋滞が多くなるとして注意を呼びかけている。

首都高では、今年のゴールデンウィークは10連休となるため、局所的に渋滞は発生するものの、交通は全体的に分散傾向になると予想。一方、連休前で業務交通等の集中が予想される4月26日(金)および祝日となる5月2日(木)に渋滞が多くなるとしている。

主な渋滞箇所としては、湾岸線で東京湾アクアラインを先頭とする激しい渋滞が発生すると予想。通過時間の大幅な増加が予想されるため、東京方面から羽田空港を利用する人は1号羽田線空港西出口の利用を検討するよう呼びかけている。

また、レジャースポット等へ向かうルートでは、通常よりも早い時間から出口渋滞等が予想される。具体的には、アクアライン方面で朝6時以降にアクアラインを先頭とした渋滞が発生し、湾岸線でも渋滞となる見込み。葛西・舞浜エリアでは朝5時以降に湾岸線(東行)葛西・湾岸線(西行)浦安で、金沢方面は朝8時以降に湾岸線(西行)幸浦で、みなとみらいエリアでは朝8時以降に横羽線(下り)みなとみらいで、それぞれ出口渋滞が予想される。首都高では、該当出口等を利用予定の場合は、早めの出発等、余裕を持った旅程を検討するよう呼びかけている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集