プロテクターを着脱しやすい、RSタイチのライダースジャケット…東京モーターサイクルショー2019

RSタイチ(東京モーターサイクルショー2019)
  • RSタイチ(東京モーターサイクルショー2019)
  • RSタイチ(東京モーターサイクルショー2019)
  • RSタイチ(東京モーターサイクルショー2019)
  • RSタイチ(東京モーターサイクルショー2019)
  • RSタイチ(東京モーターサイクルショー2019)
  • RSタイチ(東京モーターサイクルショー2019)
  • RSタイチ(東京モーターサイクルショー2019)
  • RSタイチ(東京モーターサイクルショー2019)

東京モーターサイクルショー2019会場で、巨大なアパレルショップのようなブースを展開したRSタイチは、バイクウェアやシューズ、ヘルメットなどを紹介。ブース内の空間がとても広く設計されていたため、来場者はじっくり各商品を見られた。

スタッフがイチオシするプロダクツは、ライダーズジャケット「RSJ324 DRYMASTER FIELD PARKA」。プロテクターが内蔵されているにもかかわらず、装着時のシルエットは一般的なジャケットのようにスリム。また、プロテクターは簡単に着脱可能なため、バイクに乗らない日は普通のジャケットとして使える。価格は32,400円で、3月上旬から発売されている。

この他にもブース内では、メジャーリーグベースボール(MLB)公式キャップメーカーで有名な「ニューエラ」とコラボしたキャップとTシャツや、ゲーム「バイオハザード」とコラボしたシューズとスニーカーなど、さまざまな商品を展示していた。

《佐藤隆博》

編集部おすすめのニュース

特集