VW、次世代EV向けコネクトサービスを開発…新合弁を設立へ

VWグループの次世代EV「ID.」ファミリー
  • VWグループの次世代EV「ID.」ファミリー

フォルクスワーゲン(Volkswagen)は3月19日、コネクテッドサービスのための新たな合弁会社を、中国の第一汽車(FAW)との間で設立すると発表した。

新たな合弁会社は、「MOSI」(モバイル・オンライン・サービス・インテリジェント)を名乗る。「MEB」プラットフォームをベースにした次世代EVを含めて、将来の全フォルクスワーゲン車向けのデジタルサービスを開発していく。

中国は世界最大のeモビリティ市場だ。フォルクスワーゲングループは、電動車戦略の「ロードマップE」の一環として、2025年までに中国で約150万台の新エネルギー車を販売する目標を掲げている。

この戦略に沿う形で、新たな合弁会社のMOSIを設立する。フォルクスワーゲンは、新しい合弁会社によって、コネクテッドカー、クラウドベースのプラットフォーム、中国で付加価値の高いデジタルサービスの開発を進めていく、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集