ブリヂストン、2019年のモータースポーツ活動計画を発表

ブリヂストン ロゴ
  • ブリヂストン ロゴ

ブリヂストンは、2019年の国内外におけるモータースポーツ活動計画を発表。四輪レースでは主にPOTENZAブランド、二輪レースでは主にBATTLAXブランドのタイヤで、トップカテゴリーからアマチュア参加型レースまで、国内外の様々なモータースポーツをサポートしていく。

2018年は、SUPER GTで5年振りにGT500とGT300の両クラスで同社タイヤ使用チームがシリーズチャンピオンを獲得、世界最高峰の二輪2輪耐久レースである世界耐久選手権でも、参戦2年目にして同社タイヤ使用チームがシリーズチャンピオンを獲得した。2019年もこれらのレースに加えて、二輪の全日本ロードレースや鈴鹿8時間耐久ロードレース、Firestoneブランドタイヤの独占供給が今年で20年目を迎える北米のインディカーシリーズなど、トップカテゴリーレースへのタイヤ供給を通じて、タイヤの技術力向上を推進する。

また、「クルマ好きを増やす活動」として、日本国内で行われるトヨタGAZOOレーシング 86/BRZレース、ロードスター・パーティレースIII、ジムカーナやカート、ドイツで開催されるニュルブルクリンク24時間耐久レースといった参加型のモータースポーツにも引き続きタイヤを供給し、多くの人々に「走る楽しさ」を提供していく。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集