カーナビ開発ハッカソン、ゼンリンが支援…気象災害やヒヤリハットデータを活用

情報通信研究機構(NICT)は、気象災害やヒヤリハットなど交通リスクデータを活用したカーナビを開発するハッカソンを2月23~24日に都内で開催。ゼンリンデータコムは、同イベントをサムライインキュベートとともに支援する。

道路には、突発的な気象災害や隠れた事故の危険性など、目では見えにくい様々なリスクが存在する。今回のハッカソンのテーマは「交通リスクデータを考慮するカーナビゲーションシステムの考案」。NICTが保有するビッグデータと開発中の環境×交通スマートIoT実証システムを活かして「ゲリラ豪雨」「大雪」「ヒヤリハット」の3つの交通リスクデータから1つを対象とし、カーナビ利用者にリスクを意識させて、適切な走行経路の判断を促す仕組みを考案してもらう。

開発環境には、リスクデータの参照やリスク回避経路設定などが可能なカーナビシミュレータを用意。参加者がカーナビゲーションシステムを簡単にカスタマイズできるようにする。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • ヒヤリハットを防ぐ…「危険予知」という考え方 画像 ヒヤリハットを防ぐ…「危険予知」という考え方
  • 運転中に起こる「ヒヤリ・ハット」 その原因とは? 画像 運転中に起こる「ヒヤリ・ハット」 その原因とは?
  • パイオニアの通信ドラレコとB.PROカーナビ、トワード社の安全運転・エコドライブ支援サービスに対応 画像 パイオニアの通信ドラレコとB.PROカーナビ、トワード社の安全運転・エコドライブ支援サービスに対応
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース