「ホワイト物流」推進運動を国民に呼びかけへ 国交省

イメージ (AC)
  • イメージ (AC)
  • トラック輸送における取引環境・労働時間改善中央協議会とトラック運送業の生産性向上協議会のメンバー

国土交通省は、トラックドライバーの労働環境を改善するため、「ホワイト物流」推進運動を企業や国民に対して呼びかける施策を検討する。

「ホワイト物流」推進運動は、トラックドライバー不足に対応して、国民生活や産業活動に必要な物流機能を安定的に確保するとともに、経済成長に寄与するため、トラック輸送の生産性向上と物流の効率化、女性や高年齢層を含む多様な人材が活躍できる働きやすい労働環境の実現に向けて関係者が連携して取り組む運動。

トラック運送事業の長時間労働の抑制等に向けた環境整備を進めるため、「ホワイト物流」推進運動を企業や国民に対して呼びかける。

これに向けて、国土交通省、厚生労働省が共同で設置した「トラック輸送における取引環境・労働時間改善中央協議会」と官邸のサービス業の生産性向上協議会開催を受けて設置された「トラック運送業の生産性向上協議会」を2月20日に同時開催し、「ホワイト物流」推進運動での企業や国民への詳細な呼びかけ内容や、地方協議会での取り組みなどについて議論する。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 「強い物流」構築に向けたシンポジウム、ハード・ソフトを標準化へ 2月19日開催 画像 「強い物流」構築に向けたシンポジウム、ハード・ソフトを標準化へ 2月19日開催
  • 「トラック運送サービスを維持するためには一定のコストが必要」、荷主・物流事業者向けガイドライン 国交省が策定 画像 「トラック運送サービスを維持するためには一定のコストが必要」、荷主・物流事業者向けガイドライン 国交省が策定
  • パナソニック、製造・物流・販売現場の業務改善を支援する専門部署と拠点を設立 画像 パナソニック、製造・物流・販売現場の業務改善を支援する専門部署と拠点を設立

特集

おすすめのニュース