なくなる車内販売、JR四国の定期列車は3月15日限り---「アンパンマン」列車では継続

車内販売が終了する予讃線系統の特急『しおかぜ』。
  • 車内販売が終了する予讃線系統の特急『しおかぜ』。
  • 車内販売が終了する土讃線系統の特急『南風』。 (AC)

JR四国は2月14日、特急の一部区間で実施していた車内販売を3月15日限りで終了することを明らかにした。

JR四国では現在、特急『しおかぜ』10本の丸亀~観音寺間、特急『南風』12本の丸亀~琴平間で車内販売を実施しているが、利用客の減少を理由に廃止に踏み切ることになった。

ただし、観光用車両の「ゆうゆうアンパンマンカー」と、臨時列車『瀬戸大橋アンパンマントロッコ』では、車内販売を継続するとしている。

JRの車内販売は、ほかにJR北海道の在来線が2月28日限りで、JR九州の九州新幹線が3月15日限りでそれぞれ終了することになっている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

  • 1日1列車あたりの利用は4人・売上げは900円台…『スーパー北斗』の待受車内販売が廃止 2019年1月14日限り 画像 1日1列車あたりの利用は4人・売上げは900円台…『スーパー北斗』の待受車内販売が廃止 2019年1月14日限り
  • 『スーパー北斗』の車内販売を削減…3往復では区間限定で待受販売に変更 6月1日から 画像 『スーパー北斗』の車内販売を削減…3往復では区間限定で待受販売に変更 6月1日から
  • 宗谷本線の特急でも車内販売 2月10日から…石北本線は3月末まで延長 画像 宗谷本線の特急でも車内販売 2月10日から…石北本線は3月末まで延長
  • JR東日本、新幹線と在来線特急の車内販売を縮小へ 画像 JR東日本、新幹線と在来線特急の車内販売を縮小へ

特集

おすすめのニュース