トヨタ スープラ 新型、早くもカスタマイズパーツ提案…迫力のワイドボディに

トヨタ・スープラ新型のワイドボディコンセプト
  • トヨタ・スープラ新型のワイドボディコンセプト
  • トヨタ・スープラ新型のワイドボディコンセプト
  • トヨタ・スープラ新型
  • トヨタ・スープラ新型

ドイツの「プリオールデザイン」(PRIOR DESIGN)は、新型トヨタ『スープラ』(Toyota Supra)のカスタマイズパーツのデザインを発表した。

新型トヨタ・スープラは2019年1月、米国で開催されたデトロイトモーターショー2019でワールドプレミアされたばかり。この新型スープラのカスタマイズを早くも、ドイツに本拠を置くプリオールデザインが提案している。

「ワイドボディコンセプト」と命名されたカスタマイズパーツは、前後フェンダーを大きく拡幅しているのが特徴だ。このフェンダー内に、大径タイヤとホイールを収めた。さらに、車高をローダウンすることにより、新型スープラが迫力のルックスを実現する。

また、エアロパーツとして、フロントリップスポイラーやリアウイング、ディフューザーなどを装備した。バンパーやボンネットも、専用デザインとしている。

トヨタ スープラに関するニュースまとめ一覧

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集