テスラ、年間50万台を中国で生産へ…EV工場「ギガファクトリー」起工

テスラ・モデル3
  • テスラ・モデル3
  • テスラ・モデル3

テスラ(Tesla)は1月7日、EVの新工場を中国上海市において起工した、と公式Twitterを通じて発表した。

上海市に建設される工場は、テスラにとって米国以外で初の巨大工場「ギガファクトリー」になる。テスラの単独出資の工場となり、年産生産能力は50万台を計画する。上海市にとっては、テスラの工場が、外資で最大の生産プロジェクトになるという。

また工場には、研究開発センターを併設する予定だ。この研究開発センターでは、主にEVの技術革新や研究開発に注力し、技術とイノベーションを市販EVに反映させるために取り組む。

テスラは現在、中国市場向けの全車を米国から輸出している。中国への年間輸出台数は1万5000台以上だ。中国上海市の工場は、世界最大の自動車市場の需要を満たすとともに、テスラの輸出と関税のコストを削減することが見込まれるという。

なおテスラは1月7日、中国で『モデル3』の受注を開始したことを明らかにしている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集