ヤマハ発動機、コンパクトスポーツボート AR195 を刷新 2019年モデル5機種発表

ヤマハ発動機 AR195(オプション、装備品等含む)
  • ヤマハ発動機 AR195(オプション、装備品等含む)
  • 新設計のリバースバケット(AR195)
  • ジェットノズルとともに可動式キールも新設計(AR195)
  • 全長/全幅ともにスケールアップ(AR195)
  • 「Connext」を採用し、4.3インチカラー液晶マルチファンクションディスプレイを搭載(AR195)
  • 各種装備の充実(AR195)
  • 各種装備の充実(AR195)
  • 各種装備の充実(AR195)

ヤマハ発動機は、新型「AR195」をはじめ、スポーツボート2019年モデル、全5モデルを2019年1月7日より発売する。

2019年モデルでは、コンパクトでありながらパワフルな推進力で、多彩なマリンスポーツに対応する「AR195」をフルモデルチェンジ。全長、全幅のスケールアップにより船内のスペースを拡大させたほか、新設計の船底形状を採用することで加速感やハンドリング性能を高めた。

装備面では運転情報、各種操船コントロールを集中管理できる「コネクスト」を採用し、タッチセンサー付きの4.3インチカラー液晶マルチファンクションディスプレイを搭載。そのほか、可動式スマートフォンホルダーの設置、燃料タンクの容量アップ、ストレージ形状を変更するなど、利便性と機能性を高めた。

その他の2019年モデルでは、全機種にコネクストを採用し最新操船制御システムを提供するとともに、装備を追加することで利便性の向上を図ったほか、新たなグラフィックパターンおよびカラーリングを採用した。

価格はAR195が654万9000円、212Xが927万3900円、AR240が948万9400円、242リミテッドS E-シリーズが1156万9400円、242X E-シリーズが1273万9400円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • スズキ、新型船外機 DF175A/DF150A を発表 ジェノバ国際ボートショー 画像 スズキ、新型船外機 DF175A/DF150A を発表 ジェノバ国際ボートショー
  • ヤマハ発動機、フィッシングボート YFR-27/24 にEX仕様 多機能ディスプレイ搭載 画像 ヤマハ発動機、フィッシングボート YFR-27/24 にEX仕様 多機能ディスプレイ搭載
  • 恐怖でガクガク、舟券では味わえないスリル…ボートレース体験会 画像 恐怖でガクガク、舟券では味わえないスリル…ボートレース体験会
  • ヤンマーがボートシェアリングサービス最大手の米GMB社へ出資 画像 ヤンマーがボートシェアリングサービス最大手の米GMB社へ出資

特集