Uber、東北のタクシー会社3社と配車サービスで協業 2019年1月より順次スタート

Uber アプリ
  • Uber アプリ

Uberジャパンは12月19日、東北地方のタクシー会社3社とパートナーシップを締結し、Uberのアプリを通じたタクシー配車サービスの提供に向けた協業を開始すると発表した。

今回パートナーシップを締結したのは、仙台中央タクシー(仙台市宮城野区)、西条タクシー(福島県郡山市)、成長タクシー(青森県青森市)の3社。

今回の協業により、仙台、福島、青森(各タクシー会社の営業範囲)では、Uberのアプリを通じたタクシーの配車リクエストに対応。到着時刻の共有機能、GPSによるリアルタイムでの追跡機能、同乗者との割り勘機能、過去の乗車履歴の確認機能など、世界中で数多くのユーザーが利用しいる機能も活用できるようになる。Uberと3社は2019年1月からのサービス順次開始を目指して協業を進める。

今回のタクシー会社とのパートナーシップ締結は、Uberのアプリを通じたタクシー配車を日本の各都市で実現する取り組みの一環。3社とのパートナーシップの締結によって、Uberのアプリによるタクシーの配車は、全国6都市で利用できるようになる。Uberは、ユーザーの乗車体験、アプリの機能をさらに向上させるため、これまでに提携を結んだタクシー会社との協業を密に進めていく。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集