ブリヂストン、POTENZAの疾走感・躍動感をアピールへ…東京オートサロン2019

ブリヂストン ブースイメージ
  • ブリヂストン ブースイメージ
  • ブリヂストン ブースイメージ

ブリヂストンは、2019年1月11日から13日までの3日間、幕張メッセで開催される「東京オートサロン2019」に出展し、スポーツタイヤブランド「POTENZA」を中心とした展示を行う。

ブリヂストンブースでは、2018年に発売したプレミアムスポーツタイヤ「POTENZA S007A」をはじめ、POTENZAブランドのさまざまなタイヤを展示する。また「POTENZA」のレーシングタイヤを装着しSUPER GTのGT500クラスで活躍する「LEXUS TEAM KeePer TOM'S」の車両や、プレミアムスポーツカー向けの新車装着タイヤ「POTENZA S007」を装着した「Aston Martin DB11 AMR」を展示。POTENZAの疾走感・躍動感を「見て・聞いて・触って」体感できるブースを展開する。

また1月13日12時からは、同社ブースにて佐藤琢磨選手のトークショーを開催。そのほかにも、「SUPER GT」、「TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ レース」、「ジムカーナ」の参戦ドライバーなど、数多くのゲストを招いてのトークショーを通じて、モータースポーツの楽しみ方やタイヤの重要性などを紹介する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集