オールステンレス東急7700系が11月24日限りで引退…11月10日に引退記念乗車券を発売

池上線石川台~雪が谷大塚間を行く7700系。
  • 池上線石川台~雪が谷大塚間を行く7700系。
  • 7700系
  • オリジナルの下敷きやポストカード、クリアファイルが付く7700系引退記念乗車券の台紙(左から表面、中面、裏面)。

東京急行電鉄(東急)は11月10日、7700系引退記念乗車券を発売する。

近年は池上線や東急多摩川線で運用されている7700系は、1962年に日本初のオールステンレス製車両として誕生した7000系を、大井町線や目蒲線(現在の目黒線の一部と東急多摩川線)への投入に際し1987年から1991年にかけて足回りや内装を改造したもので、11月24日が最終運行となる。

なお、7700系のうち15両は2019年に桑名駅(三重県桑名市)と揖斐駅(岐阜県揖斐川町)を結ぶ養老鉄道が導入することになっている。

引退記念乗車券は蒲田・五反田・多摩川の各駅で合計7700部が発売され、発売額は1000円。1人5部まで購入できる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集