ゆりかもめの新型車両は11月11日にデビュー…眺望性を重視した7500系

2014年1月に登場した7300系以来となる、ゆりかもめの新型車・7500系のイメージ。
  • 2014年1月に登場した7300系以来となる、ゆりかもめの新型車・7500系のイメージ。

東京都の新橋駅(港区)と豊洲駅(江東区)を結ぶ、東京臨海新交通臨海線を運営するゆりかもめは10月4日、新型車両7500系の運行を11月11日から開始すると発表した。

7500系は1999年2月に導入された7200系の後継車両で、前面窓の映り込みを軽減させることで眺望性を向上。車内にはWiFiや液晶案内画面が設置され、握り棒の形状変更や車椅子スペースの手すり2段化など、バリアフリーにも配慮している。

運行初日は豊洲駅1番線ホームで9時15分から出発式が開催されるが、ゆりかもめでは、10月22日まで特設ウェブサイトで参加者を募集する。1組4人までの親子グループ(保護者を含む未就学児から高校生)が対象で、100人を募集する。

出発式終了後、7500系は豊洲駅を9時54分に発車し、出発式参加者以外は有明駅から乗車することができる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集