【WRC】帝王セバスチャン・オジェ、2019年はシトロエンに移籍

セバスチャン・オジェ(2018年シーズン)
  • セバスチャン・オジェ(2018年シーズン)
  • 来季はオジェを迎えることになったシトロエンのマシン(写真は2018年)
  • セバスチャン・オジェ(2018年シーズン)
  • イングラシアとオジェ(2018年シーズン)
  • #1 オジェ(フィエスタWRC / 2018年シーズン)

世界ラリー選手権(WRC)で2013~17年に個人5連覇を達成、今季もタイトル争いを展開中のセバスチャン・オジェは、来季2019年をシトロエンに移籍して戦うことを決めた。

現在34歳のオジェ(国籍フランス)は、フォルクスワーゲン(VW)で13~16年にWRCを4連覇。VWのワークス撤退後、17年はフォード車で戦うMスポーツ陣営に移籍し、個人5連覇を達成した。今季もMスポーツ(今季のチームエントリー名にはフォードが入っている)で戦っており、全13戦中10戦終了時点でランキング3位、逆転での6連覇を目指す状況にある。

そのオジェが、来季2019年はシトロエンのワークスに移籍することを決めた。盟友であるコ・ドライバー、ジュリアン・イングラシアも随伴移籍するが、彼らにとってシトロエンは古巣でもある。オジェは、「3つの異なる“コンストラクター”のマシンで世界タイトルを獲る、簡単ではないが、それに挑戦できることに興奮しているよ」とコメントし、VW、フォード(Mスポーツ)、そしてシトロエンでの世界王座獲得に向けて燃えている。

ちなみに今季2018年のタイトル争いは、ヒュンダイのT.ヌービルが現在首位で177点。これにトヨタのO.タナクが164点で続き、オジェは現在154点で3番手。ここ6戦、オジェには勝ちがなく、勢いや流れの面では見劣るところもあるが、残り3戦、各ラウンド原則として最大30点獲得可能なので、逆転戴冠の可能性は充分に残る。初王座を目指すヌービル、タナクとの戦いは激しいものになっていきそうだ。

《遠藤俊幸》

編集部おすすめのニュース

  • 【WRC 第10戦】トルコで1-2フィニッシュ、トヨタ3連勝で今季4勝目…マニュファクチャラー王座争い首位に浮上 画像 【WRC 第10戦】トルコで1-2フィニッシュ、トヨタ3連勝で今季4勝目…マニュファクチャラー王座争い首位に浮上
  • 【WRC 第9戦】トヨタ・ヤリスのタナクが連勝で今季3勝目…連続1-3のトヨタ、タイトル争いも視界に 画像 【WRC 第9戦】トヨタ・ヤリスのタナクが連勝で今季3勝目…連続1-3のトヨタ、タイトル争いも視界に
  • 【WRC】トヨタが育成プログラムを次のステップへ…ドライバーに選出されたのは勝田貴元 画像 【WRC】トヨタが育成プログラムを次のステップへ…ドライバーに選出されたのは勝田貴元
  • 【WRC】2019年の「ラリー・ジャパン」をFIAにカレンダー申請…招致準備委が発表、愛知・岐阜での秋開催へ 画像 【WRC】2019年の「ラリー・ジャパン」をFIAにカレンダー申請…招致準備委が発表、愛知・岐阜での秋開催へ

特集

おすすめのニュース