エヌビディア、最新自動運転技術を発表へ GTCヨーロッパを10月開催

エヌビディアのGTCヨーロッパ(2017年)
  • エヌビディアのGTCヨーロッパ(2017年)

エヌビディア(NVIDIA)は9月26日、10月にドイツで開催される「GPU テクノロジ カンファレンス (GTC) ヨーロッパ」において、最新の自動運転技術を初公開すると発表した。

GTCヨーロッパは、エヌビディアが主催する欧州最大規模のAI開発者カンファレンス。コンピューティング分野で、最重要かつ不可欠とされるトレーニング、貴重なインサイト、エヌビディアをはじめとする主要な組織の専門家とのネットワーキングが体験できる場となる。主要なテーマは、自動運転車、スマートシティ、ヘルスケア、ビッグデータ、ハイパフォーマンス コンピューティング(HPC)、VR(バーチャル・リアリティ)など。

今年のGTCヨーロッパには、世界の自動車メーカーや技術リーダーが参加し、自動運転の革新技術を初公開する予定。最新の自動運転コンセプトカーの展示やデモも行われる。

基調講演には、ダイムラーの自動運転の責任者のMichael E. Hafner氏が登壇し、自動運転車の開発における安全性について述べる予定。アウディのユーザーエクスペリエンス担当Ivo Muth副社長は、車載AIの進歩が自動車のインテリアの開発にどのように影響しているかを説明する。BMWグループの開発責任者のGareth Rogers氏は、次世代車両の設計プロセスにおいて、自動車メーカーがVR(仮想現実)をどのように利用しているのか明らかにする、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集