スバル VIZIV GT、市販化開発が再起動? スペックを予想

モータースポーツ/エンタメ 出版物
『ベストカー』10月10日号
  • 『ベストカー』10月10日号
『ベストカー』10月10日号
発行:講談社ビーシー、講談社
価格:本体361円+税=390円

SUBARU(スバル)のミドシップスポーツについては、2016年にいちど開発説が飛び交い、その後は詳細情報が伝わってこなかったが、ここにきていよいよ本格的な開発についての情報が再浮上した。気になるのはその実現性だ。

今年に入ってからの情報では、ボクサーターボエンジンにモーターを組み合わせたPHEVとして想定されるという。『ベストカー』ではグラフィックとともに動向を予想している。

気になる見出し……●SUBARUミッドスポーツスーパースポーツ開発説が再浮上!●クルマ界を震撼させた 大鉈事件史●レジェンドドライバーたちのMY BEST RACE

◆出版・編集関連事業に携わる方々へ:御社で発行されるモビリティ(自動車、モーターサイクルなど)関連書籍/雑誌を当編集部までお送りください。レスポンス紙面上にて紹介いたします。送り先は「〒163-0228 東京都新宿区2-6-1 新宿住友ビル28階 株式会社イード レスポンス編集部」。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集