KDDI、5Gの有効性を検証するための実証実験を実施 除雪車の運行支援など

自動車 テクノロジー ネット
白馬村(資料画像)
  • 白馬村(資料画像)
KDDIは、高速・大容量、低遅延、多接続が可能な第5世代移動通信システム「5G」の実現に向け、総務省の5G総合実証試験に沿って2018年度もさまざまなユースケースを想定した実証試験プロジェクトを推進すると発表した。

5G総合実証試験では、さまざまなパートナーと共同で、各種ユースケースの実現のために5Gに求められる機能や性能、社会への受容性などの評価に取り組む。

具体的には、大林組、NECと共同で「建機遠隔操縦への応用を想定する検討・評価」を大阪府茨木市で、白馬村、立命館大学、金井度量衡と共同で「除雪車運行支援への応用を想定する検討・評価」を長野県白馬村で実施する。

また、九州工業大学、デンソーと共同で「工場での超高速通信による産業用ロボット制御への応用」を福岡県北九州市を実施するなど、屋内でも実施する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集