スバル、中部国際空港セントレアの「FLIGHT OF DREAMS」に協賛---工場模擬体験や図鑑アプリ

航空 エンタメ・イベント
FLIGHT OF DREAMS
  • FLIGHT OF DREAMS
  • FLIGHT OF DREAMS
  • FLIGHT OF DREAMS
  • Boeing Factory / ボーイングファクトリー
  • 787 Dreamliner Explorer / 歩いて集める飛行機図鑑
  • 787 Dreamliner Explorer / 歩いて集める飛行機図鑑
  • 現役当時の787初号機
  • Fly with 787 Dreamliner / フライ ウィズ 787 ドリームライナー
「航空機メーカー」というもう一つの顔を持つSUBARU(スバル)は、中部国際空港セントレアに今秋オープンする複合商業施設「FLIGHT OF DREAMS(フライトオブドリームズ)」のスポンサーとして協賛する。スバルが20日、発表した。

「FLIGHT OF DREAMS」は、航空機メーカーのボーイングより寄贈されたボーイング「787」型機初号機(ZA001)の屋内展示をメインとした複合商業施設だ。10月12日にオープンを予定している。

施設の展示エリアは、ZA001号機のほか、航空機産業や航空業界について楽しみながら学べる体感型コンテンツで構成される。またボーイング創業の街シアトルをテーマとした商業エリアも併せ持つ。

スバルはボーイング787の中央翼などの設計・製造に携っている。中央翼については2007年の初出荷以来、787-8型、787-9型、787-10型を合わせて、650機以上生産しているという。

スバルが協賛するコンテンツ

◆ボーイングファクトリー……世界最大規模の航空機組み立て工場であるボーイングのエバレット工場にいるかのような体験ができるコンテンツ。大型貨物輸送機ドリームリフターにより世界各地から輸送される部品が、どのように組み立てられるのか、製造工程を学ぶ。

◆ 787 Dreamliner Explorer / 歩いて集める飛行機図鑑……飛行機はどのようにして飛ぶことができるのか? 展示されている787のまわりを歩きながら、スマートフォンアプリを使って飛行機のパーツを探し、その役割を学ぶ。パーツをすべて集めると、787図鑑が完成する。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集