フィアット 500のSUV、『500X』に改良新型…ティザーイメージ

自動車 ニューモデル 新型車
フィアット 500X 改良新型のティザーイメージ
  • フィアット 500X 改良新型のティザーイメージ
フィアットは8月6日、改良新型フィアット『500X』(Fiat 500X)のティザーイメージを公開した。

フィアット500Xは、2014年秋に登場した小型SUV。フィアット『500』シリーズに加わった新たな派生モデルで、ハッチバックのフィアット500、MPVのフィアット『500L』などに続いて、500シリーズがバリエーションを拡大させた。

500Xの外観デザインは、フロントマスクなどに、500シリーズのアイデンティティを表現。ボディサイズは、全長4250mm、全幅1800mm、全高1610mm。ハッチバックのフィアット500に対して、ひと回り大きい。

今回、このフィアット500Xがデビューからおよそ4年が経過し、初の本格改良を行う予定。フィアットが公開したティザーイメージからは、新デザインのLEDヘッドライトを採用するなどして、リフレッシュする500Xの表情が見て取れる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集