【スーパー耐久 第4戦】スリーボンド日産自大GT-Rが独走で今季初優勝

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
2018スーパー耐久第4戦
  • 2018スーパー耐久第4戦
  • 2018スーパー耐久第4戦
  • 2018スーパー耐久第4戦
  • 2018スーパー耐久第4戦
  • 2018スーパー耐久第4戦
  • 2018スーパー耐久第4戦
  • 2018スーパー耐久第4戦
  • 2018スーパー耐久第4戦
2018年のピレリ スーパー耐久シリーズ第4戦の決勝が15日、オートポリスで行われ、No.24 スリーボンド日産自動車大学校GT-R(内田優大/藤井誠暢/平峰一貴)が今季初優勝を飾った。

ポールポジションからスタートした24号車は、藤井が序盤から後続を引き離す走りを披露。途中ハイペースで追い上げてきたNo.81 J-Fly Racing R8に先行を許すものの、先を見据えて自分たちのペースを崩さなかった。

1回目のピットストップで逆転し再びトップに浮上すると、平峰、内田ともに安定したペースでリードを広げていく。残り1時間のところで再び平峰がマシンに乗り込み、最終的に2番手以下に1分30秒もの大差をつけ、昨年の第2戦SUGO以来となる今季初優勝を飾った。

2位にはランキング首位のNo.99Y’s distraction GTNET GT-Rが入った。今回は60kgと重たいウェイトハンデを背負いながらのレースだったが、予選7番手から着実に追い上げての2位表彰台にドライバーを務めた浜野彰彦、星野一樹、藤波清斗の3人は表彰台で満面の笑みを見せていた。

なお、99号車は次回の第5戦もてぎで4位以内に入れば最終戦を待たずにシリーズチャンピオンが決定する。

3位にはNo.82 Phoenix Racing Asia R8が入り今季2度目の表彰台。当初2番手でチェッカーを受けていたNo.3 ENDLESS GT-Rは最終ピットストップの際に作業違反があったとして、レース後に30秒加算ペナルティを受け、最終的には5位に終わった。

ST-TCRクラスはNo.98 FLORAL CIVIC TCRが今季初優勝。ST-1クラスはNo.47 D’station Porsche Cup、ST-2クラスはNo.59 DAMD MOTUL ED WRX STI、ST-3クラスはNo.39 ADVICS TRACY RC 350 TWS DPS、ST-4クラスはNo.86 TOM’S SPIriT 86、ST-5クラスはNo.2 TEAM 221ロードスターがそれぞれクラス優勝を飾った。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集