24個のモーターで5221hp、最高速488km/h以上…EVハイパーカー『ARCANUM』

ブルガリアに本拠を置くALIENO社は7月6日、新型EVハイパーカー、『ARCANUM』を発表した。

エコカー EV
ALIENO社の新型EVハイパーカー、ARCANUM
  • ALIENO社の新型EVハイパーカー、ARCANUM
  • ALIENO社の新型EVハイパーカー、ARCANUM
  • ALIENO社の新型EVハイパーカー、ARCANUM
  • ALIENO社の新型EVハイパーカー、ARCANUM
  • ALIENO社の新型EVハイパーカー、ARCANUM
  • ALIENO社の新型EVハイパーカー、ARCANUM
ブルガリアに本拠を置くALIENO社は7月6日、新型EVハイパーカー、『ARCANUM』を発表した。

ALIENO社は2015年、ブルガリアで創業した新興メーカー。オリジナルのEVハイパーカーの開発を進めてきた。同社の第一号車が、ARCANUMとなる。社名は、エイリアンを意味するイタリア語のalienoに由来する。

電動パワートレーンは、ベースモデルがモーターを6個搭載。トップモデルでは、24個のモーターが搭載される。そのトータルパワーは、最大出力5221hp、最大トルク906kgmに達する。最高速は488km/h以上という。

バッテリーには、グラッフェンLiPoセルとスーパーキャパシタを使用。最大で蓄電容量は180kWhと大容量。1回の充電での航続は、最大で1020km。バッテリーの充電は最短で30分、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集