東海道・山陽・九州新幹線共通の公衆無線LANサービスを開始…7月25日から順次、2020年3月までには全列車で

鉄道 企業動向

JR東海とJR西日本の2社が東海道・山陽新幹線で運行している『のぞみ』。山陽新幹線内ではJR西日本とJR九州による九州新幹線直通の『みずほ』『さくら』『つばめ』も運行されていることから、3社共通の公衆無線LANサービスが行なわれることになった。
  • JR東海とJR西日本の2社が東海道・山陽新幹線で運行している『のぞみ』。山陽新幹線内ではJR西日本とJR九州による九州新幹線直通の『みずほ』『さくら』『つばめ』も運行されていることから、3社共通の公衆無線LANサービスが行なわれることになった。
  • 「Shinkansen Free Wi-Fi」が開始されている車両には、客室内ドア横(赤枠部分)にステッカーが貼付される。
JR東海・JR西日本・JR九州は6月29日、「Shinkansen Free Wi-Fi」を開始すると発表した。

JR東海は東海道・山陽新幹線で、JR西日本は東海道・山陽・九州新幹線で、JR九州は山陽・九州新幹線でそれぞれ営業運行を行なっていることから、3社共通の公衆無線LAN(WiFi)接続サービスとして行なわれるもの。

メールアドレスの登録かSNSの認証により無料で利用でき、SSIDは「Shinkansen_Free_Wi-Fi」。大規模災害時は登録なしで利用できる。

サービスは7月25日以降、順次機器の整備が完了した車両から開始され、2020年3月までには東海道・山陽・九州新幹線の全列車で利用できるようになる。

ただし、携帯電話網を利用したサービスのため、電波状況によっては利用できない場合がある。また、当面は、九州新幹線新八代~鹿児島中央間のトンネル内で利用できない。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集