【アルピーヌ A110 新型】エクステリアデザイナー「レジェンドの旧型をベースにデザイン」

自動車 ニューモデル 新型車
アルピーヌA110新型発表会
  • アルピーヌA110新型発表会
  • アルピーヌA110旧型
  • アルピーヌA110新型発表会
  • アルピーヌA110新旧
  • アルピーヌA110新型発表会
  • アルピーヌA110新型発表会
  • アルピーヌA110新型
  • アルピーヌA110新型発表会
アルピーヌ・ジャポンは6月22日、新型ミッドシップスポーツカー『A110』の購入申し込みの受付を開始した。エクステリアデザインを担当したデアン・デンコフ氏は同日都内で開かれた発表会で「レジェンドになる旧型をベースにしてデザインした」と明かした。

なかでも「ラインが非常に少なくて、ホイールを外側に張り出すことがとてもチャレンジングなことだった」と振り返った上で、「旧型がどういうラインで描かれていたかをピックアップして、それを新型に織り込んでいくことを繰り返した」と述べた。

その結果、まずサイドビューでは「ショルダーラインは旧型にもあったようにヘッドランプの頂点からテールランプまで届くように描いた。しかもこのショルダーラインには直線がなく、すべて曲線で表現したことでとてもエレガントなラインができた」と解説。

またフロントは「ライトの4つの輪はすべてLEDでできていて、この4つの輪がフロントマスクを見た時に旧型を思い出させる要素になっている。そしてライトからフードに上がっていくVシェイプのキャラクターラインがアルピーヌのロゴを際立たせるようにしている」という。

リアデザインは「そこにエンジンがあることを表現する一方で、ライトウェイトであることも加味。クローズしたキャラクターラインの中にテールランプを配置することで、外側にホイールハウスを出すことができた。それによって低くてライトでパワフルさを表現できた」と話した。

さらにデンコフ氏は「空力のためにデザインを尽くしている。このエレガントでライトウェイトなデザインをキープするために、アンダーボディーをフルフラットにするとともに、ディフューザーはエンジニアと一緒になって零コンマ何mmの単位で調整して、その効果とデザインとの調和を図った」とも。

それにより「250km/hでのデュフューザーのダウンフォースは85kg。そしてフラットフロアによるダウフォースは190kg。しかもリアスポイラーなしで実現している」とデンコフ氏は強調していた。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

  • アルピーヌ A110 新型、日本法人COO「アルピーヌ・ブランド復活の第一歩」 画像 アルピーヌ A110 新型、日本法人COO「アルピーヌ・ブランド復活の第一歩」
  • BMW 8シリーズ 新型のエクステリアをじっくり見る[詳細画像] 画像 BMW 8シリーズ 新型のエクステリアをじっくり見る[詳細画像]
  • マクラーレン セナ のエクステリア…線と面と細部[詳細画像] 画像 マクラーレン セナ のエクステリア…線と面と細部[詳細画像]
  • 駆け抜ける喜びをエクステリアでも感じてもらいたい…BMW i3 改良新型[インタビュー] 画像 駆け抜ける喜びをエクステリアでも感じてもらいたい…BMW i3 改良新型[インタビュー]

特集