UDトラックスの中型トラック クローナー、マレーシアで世界初のCKD生産開始

自動車 ビジネス 海外マーケット

クローナー CKD生産のラインオフの模様
  • クローナー CKD生産のラインオフの模様
UDトラックスは、マレーシア市場の輸入・卸売り販売会社であるTan Chong Industrial Equipment(TCIE)を通じて、同国市場向けに中型トラック『クローナー』初となるノックダウン(CKD)生産を開始した。

高速道路網の整備が進むマレーシアでは、国境をまたぐ長距離輸送が活況を呈しており、これに伴いトラックに対する顧客ニーズも変化。より高い信頼性、安全性、効率性を兼ね備えたトラックが求められている。こうしたニーズに対応できるトラックを、より戦略的な価格で提供するため、UDトラックスはTCIEとともに高出力エンジンを備えた長距離輸送向けの「クローナーPKE」と、効率的な都市間輸送に適した「クローナーLKE」のCKD生産を開始した。

生産パートナーであるTCIEは1978年以来、約40年に渡り、マレーシアでUDトラックスの輸入・卸売り販売を手掛け、累計販売台数は4万5000台にのぼる。2016年からは150万マレーシア・リンギット(約4100万円)を投じて、大型トラック『クエスター』のSKD(セミノックダウン)生産を開始。現在はCKD生産へと移行している。

クローナーはTCIEの43の拠点を介して販売されている。UDトラックスはクローナーのCKD生産開始に際し、生産拠点に450万マレーシア・リンギット(約1億2300万円)を追加投資。マレーシアのトラックに対する顧客ニーズに応えていく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集