タイムズ、カーシェア車両に駐車場の満空情報をリアルタイム配信 V-Lowマルチメディア放送を活用

自動車 テクノロジー ネット
V-Lowマルチメディア放送(イメージ)
  • V-Lowマルチメディア放送(イメージ)
パーク24は、カーシェアリングサービス「タイムズカープラス」において、V-Lowマルチメディア放送「i-dio」を通じ、都内タイムズ駐車場の満空情報のリアルタイム配信を6月より開始すると発表した。

V-Lowとは、地上アナログ放送終了後に空いた周波数帯を使用し、携帯端末やクルマに向けてデータや音声を送るもの。一定のコストで多数の移動体(車両等)に大容量のデータを送ることができる、送信先ごとに配信情報を変えられる、災害時にも安定的な情報配信が可能であるといった特徴を持つ。

エフエム東京が中心となって設立したジャパンマルチメディア放送は、日本初のV-Lowマルチメディア放送であるi-dio放送サービスを2016年よりスタート。クルマ専門チャンネル「Amanekチャンネル」やアニソン専門チャンネル「アニソンHOLIC」などの放送を開始している。さらに2018年度内には全国7ブロックすべての親局を開局し、放送インフラの全国整備を推進。車載市場でのi-dio放送波の本格的普及のため、車載向けコンテンツ開発・充実を目指している。

パーク24は、コンテンツプロバイダーとなり、「タイムズ・チャネル」として駐車場の満空情報や映像、カーシェアリング車両の車載器アプリのアップデートデータなどを配信するとともに、チューナーの開発および配信・受信の実証実験を行うなど、V-Lowの本格活用に向けた取組みを実施。2017年8月からは、タイムズカープラスの車両への情報配信を試験的に行っていたが、実サービスに向けての検証・調整が完了したことから、2018年6月より本格展開を開始する。

本格スタートに向け、パーク24では1都3県に配備しているカーシェアリング車両3000台にオリジナルチューナーを搭載。都内のタイムズ駐車場の満空情報をリアルタイムで受信し、カーナビに表示するようにする。今後は、サービス対象車両およびエリアの拡大を進めるとともに、事故・災害情報といったリアルタイム性の高い情報、運転者の属性に応じた情報など、配信内容の充実を図る。

この他、駐車場に設置したデジタルサイネージなど、パーク24が展開している約1万7000件の駐車場を対象とした情報配信への活用も実施。さらにコネクティッドカー社会の実現を後押しするため、オリジナルチューナーの外販にも積極的に取り組んでいく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集