BMWが百度と提携、車両を自宅から遠隔制御…CESアジア2018

自動車 テクノロジー ネット
中国のインターネット検索最大手の百度(Baidu=バイドゥ)と提携を結ぶことで合意したBMWグループ(CESアジア2018)
  • 中国のインターネット検索最大手の百度(Baidu=バイドゥ)と提携を結ぶことで合意したBMWグループ(CESアジア2018)
  • BMWコネクテッド
  • BMWコネクテッド
BMWグループは6月13~15日、中国上海市で開催されたCESアジア2018において、中国のインターネット検索最大手の百度(Baidu=バイドゥ)と提携を結ぶことで合意した、と発表した。

BMWグループは2016年12月、中国にコネクトサービスの「BMWコネクテッド」を導入。現在100万人以上のユーザーが利用している。BMWコネクテッドは、グローバルなサービス内容に加えて、中国独自サービスとして、車両の修理やメンテナンス、空港でのプレミアムサービス、バレットパーキング、支払いサービスなど、中国の顧客に合わせたサービスを提供している。

BMWコネクテッドは、アップルのiOSとグーグルのAndroidの両方のプラットフォームに対応。BMWコネクテッドはソフトウェアのアップグレードにより、中国の顧客に向けたプレミアムサービスを強化している。

今回のBMWグループと百度の提携により、車両やモバイル機器からユーザーのデジタルライフに至るまで、BMWコネクテッドのアプリケーションがさらに拡大。このサービスにより、ユーザーは音声コントロールによって車両情報にアクセスし、自宅から車両の機能を簡単に遠隔操作できるようになる。

例えば、車両の燃料残量の確認、車両のドアロック、BMWコネクテッドに保存されているモビリティ情報の検索、ドライブ前にルートと出発時刻の計画を行うことが可能。音声コントロール機能は、簡単に起動することができる、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集