ボルボカーズ、ジュネーブモーターショー2019への不参加を発表…新戦略の一環

自動車 ビジネス 海外マーケット

ボルボカーズのホーカン・サムエルソン社長兼CEO(ジュネーブモーターショー2018)
  • ボルボカーズのホーカン・サムエルソン社長兼CEO(ジュネーブモーターショー2018)
  • ボルボ V60 新型(ジュネーブモーターショー2018)
  • ボルボ V60 新型(ジュネーブモーターショー2018)
ボルボカーズは6月8日、2019年春にスイスで開催されるジュネーブモーターショー2019への不参加を発表した。

ボルボカーズは欧州、米国、アジアの3大陸において、年間それぞれ1つの国際モーターショーにだけ、出展する計画。モーターショーへの出展を減らす代わりに、ボルボブランドのイベントを世界各地で開催し、顧客へのアピールを強化していく。

この新戦略に沿う形で、2019年のジュネーブモーターショー2019への不参加を発表。ジュネーブモーターショーは、欧州で最大規模のモーターショーのひとつ。ボルボカーズがジュネーブモーターショーへの出展を見送るのは、今回が初めてとなる。

ボルボカーズは、目的別に顧客とのコミュニケーションを取る形へ、順次移行。今後10年間、500万人以上の顧客と、直接的な関係を築くことを目指す。これにより、顧客基盤を強化していく。

ボルボカーズのビョルン・アンウォール上級副社長は、「モーターショーなど伝統的な自動車業界のイベントに出展し続けることは、今の時代にそぐわない。ボルボカーズからのメッセージをどのように顧客に伝えていくか、コミュニケーションの方法を見直す必要がある」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集