プログラミング的思考が身につく知育ロボット、差別化のしどころ…東京おもちゃショー2018

自動車 テクノロジー ITS
プログラミング的思考が身につく知育ロボット、差別化のしどころ…東京おもちゃショー2018
  • プログラミング的思考が身につく知育ロボット、差別化のしどころ…東京おもちゃショー2018
  • アーテックの知育ロボット「アリロ」
2020年から新学習指導要領が施行され、小学校でのプログラミング教育が必修化される。それに合わせて、今回の東京おもちゃショーでもそのことを踏まえた知育玩具がいろいろと展示されていた。アーテックの知育ロボット「アリロ」もその一つ。

同社は大阪府八尾市に本社を構える学校教材を製作している会社で、1960年の創立以来、全国の幼稚園、小・中学校、高校、大学に教材を納めてきた。その数は幼稚園・保育園が4万園、小学校2万校、中学校1万校、高校5000校、大学・専門学校4000校といった具合で、海外65カ国にも輸出している。

「うちはプログラミング教育を見据えたロボットスクールもやっていて、現在、全国に800教室、6000人の生徒が通っています。ただこのスクールは小学生が対象だったのです。今回初めて幼児向けのプログラミングロボットをつくり、初披露することになりました。展示したところ、非常に好評です」と同社関係者は話す。

それが「アリロ」で、いろいろな遊び方をしながらプログラミング的思考が身につくという。まさしく機能満載の知育ロボットといっていい。例えば、パネルを並べてプログラミングすることができる。11種類のパネルを組み合わせてコースをつくり、アリロをゴールまで走らせるわけだが、その並べ方が悪いと、ゴールまでたどり着くことができないのだ。

また、アリロに付いているボタンを押してもプログラミングできる。前後左右のボタンがあり、それを押した順番にアリロが走って行く。スマホやタブレット端末に専用アプリを入れて、声で動かすことも可能だ。さらに、スマホやタブレット端末をコントローラにしてアリロを操作することもできる。

もちろんタブレット端末を使ったプログラミングも可能で、ドラッグ・アンド・ドロップの簡単な操作で本格的なプログラミングをすることができる。「この種の知育玩具はいろいろと出始めていますが、うちはデザインと機能で差別化を図ろうと考えています。このアリロもさまざまに機能をつけることによって、子どものレベルに応じてプログラミングを学べるようになっています」と同社関係者は説明する。

価格は1万8500円で、2018年の経済産業省「ものづくり日本大賞」特別賞も受賞している。同社ではこれから幼稚園などで使ってもらえるように働きかけていくそうだ。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集