【CESアジア2018】基調講演は5Gやコネクティビティが中心テーマ

自動車 テクノロジー ネット

前回のCESアジア2017の百度(バイドゥ)の自動運転デモ走行
  • 前回のCESアジア2017の百度(バイドゥ)の自動運転デモ走行
米国のコンシューマー技術協会は5月25日、中国・上海市で6月に開催されるCESアジア2018において、5Gやコネクティビティを中心テーマにした基調講演を行うと発表した。

CESアジア2018では、前回に対して自動車展示フロアおよそ1.5倍に拡張。過去最大のスペースに、自動車関連企業56社が出展する予定。

自動車メーカーでは、ホンダ、ヒュンダイ(現代自動車)、キア(起亜自動車)、広州汽車集団、第一汽車、BYD(比亜迪)が参加。インターネット関連では、バイドゥ(百度)やオンスター、ファーウェイ(華為技術)、自動車関連では、コンチネンタル、三菱電機オートモーティブ、NavInfo、オンキヨー、オーディオテクニカ、ハーマンなどの企業が、出展リストに名前を連ねる。

このCESアジア2018では、5Gやコネクティビティを中心テーマにした基調講演が行われる。CESアジアが人口知能(AI)、車両技術、AR、VRなどの新領域への技術拡張を促進している中で、コネクティビティやモビリティを通じた各社の次世代イノベーションについて語られる予定、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集