ポルシェジャパン、新トレーニングセンター開設決定 電動化に対応できる人材育成へ

自動車 ビジネス 企業動向

ポルシェジャパン 新トレーニングセンター
  • ポルシェジャパン 新トレーニングセンター
ポルシェジャパンは、新時代のテクノロジーに対応可能な人材育成を目的に、新トレーニングセンターを2019年1月、横浜市に開設すると発表した。

独ポルシェ本社では、初のEVスポーツ「ミッションE」とその派生モデル、現行モデルレンジのハイブリッド化とフル電動化、充電インフラとスマートモビリティ開発など、E-モビリティ全般に対し、2022年までに60億ユーロ(約7800億円)を超える投資を予定。ポルシェ ジャパンでも加速するE-モビリティや、コネクティビティなどのデジタル化に対応できる人材育成のための投資として、新たにトレーニングセンターを開設することを決定した。

ポルシェジャパンでは、ポルシェ正規販売店のサービスネットワークにおける技術研修および人材育成の拠点として2002年7月、新横浜駅近くにポルシェ ジャパン トレーニングセンターを開設。新トレーニングセンターはここを大幅に拡張する形での建設となる。延床面積は現行の470平米から1920平米に、トレーニングルームは5室から9室へ拡大。4基のリフトとフラットベイ2つを備え、ポルシェ コネクトに代表されるデジタル化、約2年後に控えたミッションEの日本導入をはじめとする電動化などに対応可能な人材育成を図る。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集