ホンダ、衝突対応技術や安全運転支援システムなどを紹介予定…人とくるまのテクノロジー2018

自動車 テクノロジー 安全
ホンダ ブースイメージ
  • ホンダ ブースイメージ
  • 衝突安全設計ボディ イメージ
  • Honda SENSING 作動イメージ
ホンダは、5月23日から25日までパシフィコ横浜で、7月11日から13日までポートメッセなごやで開催される「人とくるまのテクノロジー展2018」に出展、人々の「移動」と「暮らし」の可能性を拡げる「安心・快適技術」を、二輪・四輪・パワープロダクツを通じて紹介する。

四輪では、軽乗用車『N-BOX』の高い全方位衝突安全性能に貢献する衝突対応技術や、軽量化・高剛性化を実現する高効率フレーム構造および接合技術を紹介。また、安全運転支援システム「ホンダ センシング」や高速道路にて自動車線変更や渋滞時の自動運転を実現する技術を紹介する。

二輪では、大型ツアラー『ゴールドウイング ツアー』に採用されている、第3世代デュアルクラッチトランスミッション(DCT)やダブルウィッシュボーンフロントサスペンションなどの技術を紹介。パワープロダクツでは、ハンディータイプ蓄電機「リベイドE500」など、ホンダ独自のインバーター技術による高品質で安定した電気を使って楽しむ、新たなシーンを提案する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集