三井化学、軽量化に貢献する樹脂材料などを紹介予定…人とくるまのテクノロジー2018

自動車 テクノロジー 安全
三井化学 ブースイメージ
  • 三井化学 ブースイメージ
三井化学は、5月23日から25日までパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」に出展、自動車の軽量化に貢献する樹脂材料などを紹介する。

世界の自動車生産台数は年3%の成長が見込まれており、軽量化や安全性に加えて、意匠性や快適性などの新たなニーズが高まっている。三井化学グループは、高機能樹脂やコンパウンド製品で、多様化するニーズにいち早くソリューションを提供している。

今回は、軽量化に貢献する製品として、内装表皮材のオレフィン系熱可塑性エラストマー「ミラストマー」や、金属樹脂一体成形部材「ポリメタック」などを出展。そのほか、燃費向上に貢献するエンジン周辺部品「アーレン」、異音低減・シート芯材補強に適したシートのバネ受け材用不織布「タフネル」などを紹介する。

ブリヂストンは、同社が技術支援するパラアスリートの一人である、パラトライアスロンの秦由加子選手がラン…
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集