西鉄の天神大牟田線でドアが開いたまま走行…重大インシデントに認定

鉄道 行政
運輸安全委員会は国土交通省の外局にあたり、鉄道・航空・船舶事故や重大インシデントの原因を究明するとともに、国土交通大臣に対して事故防止のための施策を求める役割を果たしている。
  • 運輸安全委員会は国土交通省の外局にあたり、鉄道・航空・船舶事故や重大インシデントの原因を究明するとともに、国土交通大臣に対して事故防止のための施策を求める役割を果たしている。
国土交通省外局の運輸安全委員会は5月16日、西日本鉄道(西鉄)天神大牟田線春日原~雑餉隈(ざっしょのくま)間で5月15日に発生した「車両障害」を重大インシデントに認定した。

これは、大善寺発西鉄福岡(天神)行き普通列車で発生したもので、運輸安全委員会が発表した概要によると、同列車が春日原駅(福岡県春日市)を発車した直後、ホームにいた旅客がドアが開いていることを車掌に伝えたものの、列車はそのまま走行。車掌が車内を巡回したところ、先頭から3両目左側最後部のドアが開いていたことを確認したという。車掌は次の雑餉隈駅(福岡市博多区)に到着してからドアを締めた。

運輸安全委員会の重大インシデントは、深刻な事故になりかねないと判断した場合に認定するもので、前回は、昨年12月11日に発生したJR西日本N700系『のぞみ』の台車亀裂トラブルが認定されている。

今回、西鉄が認定された重大インシデントはそれ以来のもので、今年に入ってから初の事例となった。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集