VW ポロ 新型、全世界でリコールへ…後席シートベルトに不具合

自動車 テクノロジー 安全

VWポロ新型
  • VWポロ新型
  • VWポロ新型
フォルクスワーゲンは、新型『ポロ』に関して、全世界でリコール(回収・無償修理)を行うと発表した。

今回のリコールは、後席シートベルトの不具合によるもの。フォルクスワーゲンによると、例えば、後席中央と後席左側の双方に人が乗車している状況で急な車線変更を行った場合、後席左側のシートベルトが意図せず外れることがあるという。

フォルクスワーゲンは、技術的な対応策をすでに特定。現在、フォルクスワーゲンは、すでに市場にある車両と今後の生産車両について技術的な対応策を行うために、当局と最終的な調整を行っている。

フォルクスワーゲンは今後、数週間のうちに、リコールを開始する予定。フォルクスワーゲンは対応策として、シートベルトフックの設計の変更などを行う、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集