プーチン大統領の新型リムジン登場…ロシアが国家的威信をかけ開発

自動車 ニューモデル 新型車

プーチン大統領の新型リムジン『コルテージ』
  • プーチン大統領の新型リムジン『コルテージ』
  • プーチン大統領の新型リムジン『コルテージ』
  • プーチン大統領の新型リムジン『コルテージ』
  • プーチン大統領の新型リムジン『コルテージ』
  • プーチン大統領の新型リムジン『コルテージ』
  • プーチン大統領の新型リムジン『コルテージ』
ウラジーミル・プーチン大統領の4期目となる就任式が5月7日、ロシア・モスクワで行われた。この就任式に先立ってデビューしたのが、大統領専用の新型リムジンだ。

この新型リムジンは、「コーテージ」(儀式の行列)プロジェクト、または「プレジデンシャル・ステート・カラット」として、ロシアが国家的威信をかけて開発した。ブランド名はローマ字で「Aurus」、車名は、標準ホイールベース車が「4123セナート・リムジン」、ロングホイールベース車が「41231SBセナート・リムジン」。

プーチン大統領はこの新型リムジンに乗り込み、就任式に臨んだ。就任式では、国産車の重要性がアピールされたという。

移動ロスを極力短く、有益な時間を創出したいという理念が社名に込められているそうだ。同社は1998年に世界初…
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集