オートリブの営業利益3.6%増、先進運転支援は11%の増収 2018年第1四半期決算

自動車 ビジネス 企業動向
オートリブの最新の自動運転車の研究開発車両「LIV 2.0」
  • オートリブの最新の自動運転車の研究開発車両「LIV 2.0」
スウェーデンに本社を置く自動車安全システムサプライヤーで、自動運転技術も手がけるオートリブは、2018年第1四半期(1~3月)の決算を公表した。

同社の発表によると、売上高は28億1280万ドル(約3075億円)。前年同期の26億0810万ドルに対して、7.8%増加した。

また、第1四半期の営業利益は、2億2540万ドル(約246億円)。前年同期の2億1760万ドルに対して、3.6%の増益となった。

増益の要因は、パッシブセーフティ部門。第1四半期の同部門の業績は、売上高が前年同期比9.7%増の22億3790万ドル。営業利益は2億2530万ドルで、前年同期の2億0490万ドルに対して、10%の増益となった。

また、電装システム部門は第1四半期、前年同期比1.8%増の5億9360万ドルを売り上げ。このうち、レーダーやカメラシステムなど、ADAS(先進運転支援システム)関連は、11.2%の増収を達成している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集